DiVa



チケットのお求めは
こちら


出演: DiVa
高瀬"makoring"麻里子(Vocal)
谷川賢作(piano)
大坪寛彦(bass,recorder,etc...)
 オープニングアクト:JAM 泉谷むつみ(vo) Hase(gt) Junya(gt)
日時:2015年11月5日(木)
Open:18:30 Start:19:30
会場:ハーミットドルフィン(浜松市田町326-25 KJスクエア2F 053-451-1807)
料金:前売り 3,500円 当日4,000円 (ドリンク代別)
発売: ハーミットドルフィン、ギターショップユニバースにて
 
 
主催:BandNightStaff
協力:浜松百撰
ギターショップユニバース
問合せ:BandNightStaff E-Mail:okaba@orange.ne.jp


チケットのお求めはこちら



DiVaってなんですか?      谷川賢作
DiVaは1996年私が「父である詩人谷川俊太郎の詩、それも歌になることを想定して書かれていない詩を歌にした作品」がここ数年書き続けてきてたまってきて、
それを発表できるバンドを組みたいなと思い、大坪寛彦(ベース)に声をかけ、彼がmakoring(ヴォーカル)を紹介してくれて、3人でやってみようかということになり、
始まりました。俊太郎の詩は合唱曲としては多くとりあげられていますが、このようにバンド形態で歌われるソロの曲はあまりなかったので、静かな話題をよび、
また、俊太郎&DiVaとして「詩の朗読と歌が交互に進むコンサート」というのもおもしろい試みとして全国各地でコンサートを開催していただいたりしました。
アルバムもインディーズで1枚、コロムビアから2枚発表しました。順風満帆はおおげさですが、ユニークな活動は自他ともに認めるところであったのです。
 ところが2002年の1月の公演を最後にいったん活動をやめます。理由は、私が他のことをやってみたくなったから、ということなのですが、その好奇心旺盛で
いろんなことに首をつっこむ私の性格に周りの人間はいつも振りまわされています(ごめんなさい この場をかりて)。
 2007年の春、ひさしぶりに「そろそろまたやってみようか」と私が二人に声をかけ、再び牛歩の歩みをすすめることになりました。いや、この言い方は決して
自虐的な言い方ではなく、DiVaというグループはそれぞれが自分の音楽活動の母体を持ちつつ、現代詩を歌うという「企画ものプロジェクト」として参加するという
スタンスなので、これでいいのだと思います。



・高瀬"makoring"麻里子オフィシャルページはここ
・谷川賢作オフィシャルページはここ




このページの作者はここ






















































 1567 since 150808